【手湿疹対策】外出先での手洗いはセリアの携帯用泡ポンプが便利




どうも。Kecoです。

普段、合成洗剤から無縁の生活をしていると、外出先でふと嗅いでしまうケミカルな香りにかなり敏感になってしまいます。

でも、『たまにのことだし…』と、あまり気にしないようにしていたんですが、

最近、パートに行くようになり、職場に備え付けられているハンドソープの香りがきつくて、困ったなぁと思うようになりました。

 

ただ、さすがにハンドソープを別のに変えてくれと言うわけにもいかないし、

週3日だけのことだから、、、と我慢して使ってたんですが、

先日、手湿疹ができてしまい、ついに対策を考えなくてはならない状況になってしまいました。

 

もちろん、私の手湿疹が職場のハンドソープのせいだ、という断言はできないのですが、

洗った後の、手の異常な乾燥具合と、鼻につくキツイ香料はあまり心地のいいものではないです。

 

やはり、こういうプチストレスは無視しはいけないと思い、

気持ちよく仕事するためにも、自分のためにも、今回、ハンドソープの携帯を考えてみました。

携帯するは、固形か液体か?

今、家では固形の無添加せっけんを使っています。

これをキッチンと洗面所に置いていて、キッチンにおいては、食器、手洗い、ふきん洗いまで、

このせっけん一個で賄っています。

シンクには石鹸1個だけ。食器も布巾も手もこれで全部洗うシンプルさにハマっている。

こうすると、在庫の管理もラクでとても気に入ってるんですが、その固形石鹸をハンドソープとして携帯するのはちょっと面倒くさそうです。

 

旅行のときなんかは、洗髪と洗顔を兼ねた固形石鹸を持っていたりしてましたが、

ササッと手を洗うのに、固形石鹸をケースから出して、泡立てて、、、なんて悠長なことはしてられません。

 

ここは、やっぱり液体せっけん、しかも『泡タイプ』が一番理想的だと思いました。

ハンドソープは泡タイプが一番いい

以前は、家でも泡タイプのハンドソープを使ってました。

ブランドは、ミヨシの『無添加 せっけん 泡のハンドソープ』です。

成分は、水とカリ石けん素地のみだし、近所の薬局やスーパーにはほぼどこでも置いてあり、手に入りやすいです。

今回、久しぶりに買って使ってみたのですが、固形石鹸と比べると、洗い上がりがしっとりしていることに気づきました。

 

ちょっと調べてみたのですが、液体石鹸は脂肪酸イオンが固形石鹸より多く、保湿力が高いそうです。

そうなると、(手作り石鹸とは比べられませんが)私が今まで使っていた市販の固形石鹸より、この『ミヨシの泡ハンドソープ』のほうがしっとりする、というのはうなずけます。

キッチンは、モノを増やしたくないので、今まで通り固形石鹸のみでやっていきますが、これを機に洗面所は泡タイプに変更しようと思います。

セリアで見つけた携帯用の泡ポンプ

泡タイプを使うとなると、専用のポンプが必要になります。

そんな都合のいい商品あるんかな?と思いつつ、

ま、こういう時は100均に行くのが一番いい、というのが今までの経験上、了解済み。

 

やっぱりありましたよ、セリアで。

上の写真は、すでにミヨシを詰め替えてあります。中身入りではありません。念のため。

容量は、50ml。

私の手のひらより、少し小さいくらいのサイズです。

泡の出具合も問題なし。

これで、なんとか職場の手洗い問題は解決しそうです。

トイレに行く度に、これを持参しなければいけないという面倒は避けられないですが、プチストレスからは開放されそうです。

 

これからは、職場に限らず、出かける際は常にこのボトルを携帯していこうと思います。

手湿疹、はやく治るといいな〜