【親孝行旅行】母娘の小旅行なら、バスツアーがおすすめ。




たまには親孝行しようと思い、この秋、母親とバスツアーに参加してきました。

京都に紅葉見物に行く日帰りツアーだったのですが、思いのほか楽しめた。

老齢の親と気軽に旅行に行きたいのなら、バスツアーが一番いいなと感じました。

 

若い頃は、『バスツアーなんて恥ずかしいから絶対行かない』なんて思ってたんですが、

いや〜、年を取り 大人になりましたね。

もちろん、デメリットもあるのですが、それを差し引いてもメリットのほうが大きい。

今回は、『母娘の小旅行なら、バスツアーが良い』という持論を展開していきます。

メリットその1. 運転しなくて良い

ウチの場合、母親は車の免許を持っていないので、当然ながら私がずっと運転することになります。これは、かなり負担です。

名古屋から京都まで2時間弱としても、着いてからも京都を回ることを考えれば、ずっと運転しなければいけないし、駐車するのにもエネルギーを使います。

しかも、秋の旅行シーズンですから、思わぬ渋滞に巻き込まれヘトヘトになる可能性が高い。

その点、バスだったら寝てても目的地まで連れてってくれる。飲酒もOK!

今回、キンドルも持っていったけど、結局しゃべってるか寝てるかで、一度も開きませんでした。

なんて楽ちん!

メリットその2. 安い

今回のツアー料金は、なんと、9,980円!しかも、京料理御膳の昼食付き。

さすがに安いので、料理には全然期待してませんでしたが、けっこう豪華で美味しかった。

新幹線を利用した場合、すでに往復で1万円を超えるので、現地での移動費、入場料、食事代を考えると断然ツアーのほうがお得です。

メリットその3. 計画をたてなくていい

私は、旅行の計画を立てるのが、すごく苦手。

もっと正確にいうと、本来出不精なので、あまり旅行自体に興味がない。

 

でも、矛盾するようですが、『どっかに行きたい』という欲はあるんです。

 

私からすれば、同行する相手が、旅行好きで、同じくらいプランを立てるのも大好きで、

『オッケー、私に任せて!』

と、全部決めてくれるのが理想的なのですが、残念ながら母親は私とまったく同じタイプ。

 

特に行きたいと思う場所もない代わりに、どうしても行きたくない場所なんてのもない。

でも、どっかには行きたいとは思ってる。行けば行ったで、どこでも楽しめる。

だから、誰か連れてってくれたらいいのになぁ。。。と思ってる。

 

そう、こんな母娘にとって、すべてお任せできるバスツアーはうってつけなのです。

 

今回、この旅行を決めるまでの親子の会話はこんな感じ。

ねぇ、今度、一緒にバスツアーに行かへん?
うん!行きたい、行きたい!
どっか行きたいとこある?
私、よくわからんから、あんたに任せるわ。あ、でも水曜日にして。
泊りじゃなくて?日帰り?
絶対、日帰り。
うん、わかった。決めとくわ

 

最低限の母の要望だけ聞いたので、あとは自分の予定にあったツアーを探し、

 

ここにしようかと思うんだけど?
うん、いいよ

 

はい、決定。

旅好きの友人からは『そんな感じで決めていいの?信じられん、、、』と呆れられましたが、これでいいのです。

私たちにとって、行き先よりも『一緒に旅行する』というのが、一番の目的だからです。

母も満足したらしく、春にまたどっか行こうね、と言ってました。次は、いくつかツアーをピックアップして母に決めてもらおうと思ってます。

デメリット

唯一、面倒くさいなーと思ったのが、集合時間をきっちり守らないといけないところ。

団体行動なので、万が一遅刻なんてしたら、その後ずっとバスの中で肩身の狭い思いをしなければならなくなります。

それから、興味のないところ(特に買い物系)にも連れて行かれたりしますが、これについては、どこでもそれなりに楽しめるワザさえあれば、それほど苦ではありません。

結論

こうして書いてみると、『母娘の小旅行なら、バスツアーが良い』ではなく、

出不精母娘の小旅行なら、バスツアーが良い』のほうが、適切なような気がする(笑)

多種多様な考え方のひとつとして、ご参考になれば幸いです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

親孝行の心構えはみうらじゅんから学べ。年末年始の帰省時に参考になるよ。

2017.12.24