ヘナの実情を徹底解説。私がダメージヘアからツヤ髪に至るまで




カラーリングをヘナに移行して2年以上経ちました。

私の場合、もともと茶色っぽい髪色だったせいもあり、若いときからあんまりカラーには興味なかったんですが、30代半ばくらいからポツポツ白髪が見えてきたのを境にずーっとカラーリングをしてきました。

お陰様で髪はどんどん傷んでいき、パサつきや抜け毛が気になったりしたんですが、それでも30代のころは白髪の量自体も少なかったので、カラーする頻度を落とすことでなんとなくコントロールしてきたつもり。

しかし、もう40過ぎたらそうもいってられまへん。

リタッチの回数が増えていくにつれ毎回あの鼻を突く異臭も、どんどん傷んでいく髪も、もうどうにも耐えられない!美容院代もバカにならない!

 

死ぬまでずっと化学染料を塗布し続けますか?

・・・というわけで、

これから一生カラーリング と これから一生ヘナ

を天秤に掛けたら、答えは言わずもがな。これからず~~~っと化学染料を塗布し続けるなんて私には無理。

ま、一生は大げさだけど、しばらくはオールホワイトヘアーにはなれそうもないので、(オールホワイトはカッコイイと思ってる)ヘナすることになりました。

 

 最初のヘナ体験は散々だった

初めてヘナしたのはたぶん34~5歳の頃だったと思います。当時はそんなに白髪はなかったんですが、友人(7歳上)に付き合って、遊び半分でヘナしてみたんですね。

一応、説明書もひと通り読んで、ちゃんとオイルマッサージとかしたはずなんですが、なぜかバッシバシになってしまって、それはもう「頭からワラが生えてるんじゃなかろーか?」と疑うほどでした。

仕方ないのでしばらくそのまま放おって置いたんですが、友人はその後カラーリングしようと美容室に行ったら、「ヘナが完全に落ちるまでカラーできないよ」と言われたそうです。

私がこの記事の冒頭で、一生カラーリングvs一生ヘナ天秤に掛けたというのは、一回ヘナして合わなかったからといってカラーリングに戻そうと思っても、しばらくタイムラグが必要でその間白髪は生えっぱなし状態になる可能性がある、という懸念があったからなんです。

ヘナするのは大げさじゃなく、そーゆーことになるからそれなりの覚悟が必要だよ。とだけお伝えしておきます。

でもですね、ヘナ再開直後〜現在に至るまで、あのような酷いワラ頭には一度もなってないので、やっぱり当時は何かやり方が間違ってたか、もしくは相当傷んでいたか、、まあ、どっちも当たってると思います。

パーマもカラーも合成シャンプーも、やりたい放題でしたから、、、。

今では逆に、ヘナの回数を重ねるごとに本当に髪質が良くなるというのが実感です。

ヘナは美容院でする?それともセルフ?

さて、一生ヘナの覚悟はしたものの、初回の洗礼?がトラウマになってたので、まずは無難にと思い美容院でやってもうことにしました。

仕上がりは良く、きれいに染まったし、あの恐怖のワラ頭にもならずに済んだのですが、、、

なんか黒すぎない???

と、感じました。もともと私の地髪が茶色っぽいのでなんとなく違和感があったのと、ヘナは白髪だけオレンジっぽく染まって他は染まらないという認識があったので、あれれ?となったわけです。

全部、きれいに真っ黒なんですけど???

ヘナを美容院でするときの注意

これは後日わかったのですが、美容院のヘナはちょっと注意が必要で、天然ヘナ100%ではなく染料である『ジアミン』が混ぜてある場合があります。私の通っていた美容院はジアミン入りでした。

といっても、少量だと思うので、そこまで天然にこだわらない&真っ黒でオッケーであれば、問題ないですが、そうでない場合は天然ヘナ100%対応の美容院を探すか、自分で染めるかを検討する必要があります。

私は、結局1年間美容院のヘナとセルフヘナを交互に行い、もう自分でうまく染められるなと自信がついてから完全セルフヘナに移行しました。

セルフヘナは難しくない

私のように、ヘナ初心者は美容院を利用するのは大いにアリだと思います。

でも、そもそもヘナに興味ある人は最終的にセルフヘナにしたほうが、時短にもなるしコスト的にもお得です。ヘナは慣れれば全然難しくないです。私の場合、準備〜塗布までだいたい15分くらいで完了します。

2〜3週間おきに美容院へ行くのは難しいけど、自宅で染められるなら常にキレイな状態をキープできますしね。

 

インディゴ入りヘナなら手間も時間も短縮できる

今、私が気に入って使ってるのはアートビーングさんのハーバルカラー1(ライトブラウン)です。→公式サイト

私の場合、他のだと黒くなりすぎるのですが、これはちょうどいい感じの色味に染まってくれます。

いろいろメーカーさんによってやり方も変わるようですが、アートビーングさんの場合、ヘナ100%は溶かしてから30分〜1時間程度ヘナペーストを寝かし、塗った後も1〜3時間置くのに対して、ハーバルカラーはペーストは寝かさずすぐ塗れる上、置き時間も1時間程度、となってます。

あと、ヘナ100%だと白髪の部分はかなりオレンジ色が目立ちます。このオレンジメッシュが好きという方はいいのですが、もう少し黒く染めたいという場合は、ヘナ後にインディゴをもう一度塗らなければならないという手間があります。

私はやったことがないのでなんとも言えませんが、インディゴの後染めはさすがに面倒くさいと思うので最初から混ざっている商品(ハーバルカラー)を選んでいます。

ヘナをする頻度は?

しかし、インディゴ入りは回数を重ねるたびにどんどん黒くなります。私は黒すぎるのが嫌なので、ハーバルカラーは基本的にリタッチ専用として、だいたい2〜3週間おきにやってます。(結構マメです)

その上で、たまにヘナ100%で全体染めをして、さらに黒くしすぎないように調整するスタイルにしました。じゃないと、どうしても毛先のほうが黒くなっちゃうんですよね〜。

基本的に、トリートメント効果を狙うという目的もありますから、全体染めは1〜2ヶ月に1回。リタッチは髪が生えるタイミング2〜3週間に1回。これが今の私のベストな間隔です。

 

まとめ

ヘナを始めて良かったと思うのは、やっぱり化学染料の毛染めから一切開放されたこと。これは大きいです。

ヘナをしてすぐに髪が健康になるとは言えませんが、続けることで確実に良くなってきます。私の経験から推測するに、湯シャン石鹸シャンプーも併用したことがさらに功を奏したのだと思います。

もちろん、ヘナは天然のものなのでパッチテストをして少量から始めたほうが無難です。花粉症などアレルギーが多少でもある方は慎重に行うことをおすすめします。

かく言う私も、初回に100%ヘナを塗ったときは頭皮が痒くなったり、ものすごい眠気に襲われたりしました。

しかしなぜか、今はなんともありません。理由はよくわかりませんが、もしかしたら毒素が抜けていったからなんじゃないか?と思ってます。

 

体はやっぱり全体で考えないと、ヘナだけすれば良くなるとか、シャンプー変えただけで良くなるとか、そんな期待はしないほうがいいですね。

今まで何らかの理由で、少しづつ傷んできた髪や頭皮が一日で解消するとかあり得ないですから、ヘナしたけどだめじゃん〜とか、石鹸シャンプー最悪〜とか、そんな風に早急に結論を出すのは勿体無い。気長に少しずつ、体と相談しながらトライするのがおすすめです。