プラスチック保存容器を断捨離。野田琺瑯とiwakiはどっちが使いやすい?




前々から気になっていた、プラスチックの保存容器をとうとう断捨離しました。

 

写真を撮り忘れてしまったのですが、すべて100均で買ったプラ容器で、全部で7〜8個ほど捨てました。

 

なかなか断捨離に踏み切れなかったのは、全部捨ててしまうと足らなくなるので、新しく買い足す必要があったからなのですが、

  • いくつ買い足せばいいのか?
  • iwakiか野田琺瑯、どっちを選べばいいのか?
  • サイズはどれを選べばいいのか?

という判断に、少し時間をかけて検証したかったからです。

 

で、結局買い足したのは、『iwakiパック&レンジ 角型3点セット』でした。

プラスチック容器のメリットとデメリット

プラスチック製のデメリットは、

  • 傷が付きやすい
  • 匂いや色が取れにくい
  • 洗ったあと、乾きにくい
  • 見た目が美しくないので愛着がわかない(個人的意見)

 

と、いろいろ上げられますが、逆にメリットというと

  • 価格が安い

・・・くらいしか思いつきません。

この唯一とも言えるメリットでさえ、劣化すれば買い替えなければならないわけですが、貧乏性ゆえに多少汚くなっても、まだ使えるかも・・・となかなか捨てられず、つい溜まってしまいました。

野田琺瑯とiwaki、どっちが使いやすい?

すでに所有していたのは、野田琺瑯深型Sサイズ1個、Mサイズ2個、丸型ストッカー1個

iwakiは、ハーフ1個と角型1個

 

まず、買い足すなら、野田琺瑯かそれともiwakiか?で悩みました。

 

野田琺瑯とiwaki、共通の利点は、

  • 匂い、色移りがしにくい
  • オーブンOK
  • 見た目が美しいので、そのまま食卓に出せる

といったところで、どちらも申し分ないので、両者の違いをあらためて見てみました。

細かいところは他にもあるかもしれないですが、大きな違いをまとめると、以下のようになります。

【野田琺瑯】 【iwaki】
直火 OK NG
電子レンジ NG OK
重さ(両者を比べて) 軽い 重い
密閉性 あり なし
視認性 悪い 良い
蓋のみの販売 あり  なし

結局、iwakiのほうが使いやすい

オーブンは野田琺瑯もiwakiも共にOKですが、型として使うなら所有していたiwakiでじゅうぶん。

私の場合、ほとんど直火で使うことが無かったのですが、電子レンジはよく使うので、iwakiのほうが使い勝手がいい。

加えて、入れたものをすぐ忘れてしまうので、透明なiwakiのほうが中身を管理しやすかった

 

iwakiは蓋のみの買い替えができないですが、今のところ劣化も気にならないです。密閉性についても、そんなに問題に感じた経験はなし。

野田琺瑯のシール蓋は少し黄ばんできました。そろそろ買い替え時期かなぁ…と思いながら、そのままズルズル使ってます。

あと、iwakiは値段が安いのもありがたいです(笑)

でも野田琺瑯は格別の良さがある

そうは言っても、野田琺瑯は手放せません。

野田琺瑯は美しい。

私の作った大した事ない料理も、コレに入れたらなんかスゴク美味しそうに見える!(…と思う)

あと、軽いので、お弁当箱としても使えます。

私の場合、弁当を持っていく機会は、月に1〜2回あるかないかなので、弁当箱を余分に買わずとも、『レクタングル深型M』があれば事足ります。

今度、蓋を買い換えるなら、密閉蓋にしたいなぁと思います。これがあれば、汁気のあるおかずも弁当に持っていきやすくなりそうです。

 

丸型ストッカーについては、主に汁物の保存に利用しています。

これは唯一、温め直しに直火を使っています。スープの他には、だし汁の保管にも重宝です。

無精なので、コゲコゲになっても気にせずそのまま使ってたのですが、さすがにこれ以上放置したらコゲが落ちないんじゃないかと心配になったので、重曹で煮洗いしました。

 

キレイに落ちました。ε-(´∀`*)ホッ

さすが、琺瑯製です。電子レンジは使わないよ!というロハスな方には、野田琺瑯のほうがいいかもしれないですね。

これだけは手放せない100均のプラスチック容器

すべてiwakiと野田琺瑯で済みそうかと思いきや、実はどうしても手放せないプラ容器があります。

ヘビロテしてる、ごはん専用の保存容器。

ごはんは、いつも圧力鍋で多めに炊いて、残りをこのプラ容器に詰めて冷凍します。食べる時は容器ごとレンチンしてお茶碗に移し替える、というのが定番のスタイルです。

確かセリアで買ったものですが、薄いので解凍しやすくありがたいです。

ちょうど一食分づつ詰められるし、スタッキングできるので庫内もスッキリ整理できて、重宝しています。

ラップに包むより、だんぜん作業効率がいいので、これだけは手放せないですね。

100均プラ容器も、こういった便利グッズ系は、やっぱり秀悦だと思います。

まとめ

iwaki、野田琺瑯、100均プラ容器、それぞれメリット、デメリットと、我が家の使い方を紹介しました。

生活スタイルが変われば、また変化するかもしれないですが、しばらくはこれで落ち着きそうです。

ご参考まで。