古いバスタオルの再利用。縫わなくても糸くずの出ないウエスの作り方




こんにちは。Kecoです。

我が家では、バスタオルをやめて、フェイスタオルで体を拭くようになって数年経ちますが

昔使っていたバスタオルの処分をどうしようか、ずっと迷っていました。

 

一枚はバスマットにしたのですが、そんなにたくさんバスマットがあっても仕方ないので、

全部ウエスにしたかったんですが、タオル地は縫わないと糸くずがポロポロ出てきてしまいます。

 

でも縫うのが面倒くさい

 

もう、そのまま全捨てしようかと思ったんですが、

なんと、縫わなくても糸くずのでない方法があったんです!

ご紹介します。

ウエス用は切るのではなく、手で裂く

端の固い部分に少しだけハサミを入れ、そこを起点にザッーと手で裂きます。

やってみると、結構かんたんにビリビリと裂けて気持ちいいです!

↑こんな感じ。

まったくでないよ、とまではいいませんが、この方法のほうが糸くずがでません。

 

実はワタクシ、もうピンキングばさみで全部切っちゃったあとに、この画期的な方法を知ったので

正直、今めっちゃくやしい気持ちでいっぱいです(苦笑)

ピンキングばさみも、普通のハサミで切るよりかは多少マシかと思いますが、

やっぱり、どうしても糸くずだらけになってしまい、後の床掃除が大変でした。

なので、これからバスタオルをウエスにする予定の方は、ぜひこの『裂く方法』で作ってください!

タオルウエスは使い勝手が抜群にいい

ショックから立ち直り(笑)、せっかく作ったタオルウエスを使ってみたのですが、

さすが、タオル。

抜群に使い心地がいいです!

着古したTシャツなんかもよくウエスにしますが、タオル地は分厚いので扱いやすく、

汚れも落としやすいです。

 

ピンキングばさみで切っちゃったウエスも、水に濡らして切った面を中に折り込めば

そんなに糸くずも出ず、なんとか使えましたε-(´∀`*)ホッ

ウエスの利用法

作ったウエスの使用場所はだいたい決まっていて、キッチンと洗面所とトイレがほとんどです。

なので、この3箇所に分けて置いておきます。

キッチンはコンロ周りの油汚れ拭き、洗面所は、洗面ボウルと鏡を拭きます。

トイレ掃除は、トイレブラシを使わず、100均で買った使い捨てのビニール手袋をして、便器の中もウエスで掃除してます。

以前は普通にトイレブラシで掃除してたのですが、世のミニマリストさんの多くが、トイレブラシを断捨離したという事実を知って、真似してみたらものすごくよかったので、この方法に落ち着きました。

 

あと、使っていて気付いたのですが、タオルウエスは床が拭きやすい!

今まで、リビングの床なんて、そこまで頻繁に拭かなかったんですが、

使いやすいので、暫くはちょこちょこと床拭きをする機会が増えそうです。

 

以上、バスタオルの再利用法についてでした!