運動嫌いの私が筋トレとスロージョギングを1ヶ月継続できたわけ




超運動嫌いの私ですが、先月から筋トレとスロージョギングを毎日行ってちょうど1ヶ月経ちました。継続できたのが嬉しいのと同時に体の変化も感じられてさらに嬉しかったので、次の目標である3ヶ月間継続達成に向けてモチベーションを維持すべく、これまでの経緯についての忘備録です。

運動マジ嫌い、特に走るのなんてもう論外

運動が嫌いといっても、ヨガは好きで日課として朝晩やったりしていました。ストレッチ系のヨガ(というカテゴリーでいいのかな?)は気持ちいいし、やると確かに腰痛や肩こりが緩和されるのが実感できる。現在もほんの5〜10分程度ですが継続しています。(たまにサボりますが)

筋トレはなかなか続かないものの、そこまで毛嫌いしてるわけではなく、思いついたらやったりするレベル。加圧ベルト付きのトレーニングウェアなんてのも持ってました。

ただ、いちいち着替えたりベルトを締めたりするのが面倒で、そのうちやらなくなりタンスの肥やしに。先日断捨離しましたが。これ、結構高かったのでなかなか手放せなかったんですが、今の自重トレーニングが継続できそうなのでやっと捨てる決心がつきました。ああ、スッキリ。

そうそう、レッ◯マジック?だっけ?足をパタパタ動かすやつ。あれもほとんど使用せず2年前に断捨離済み(苦笑)。実際やってみたら股関節に違和感があって私には合わなかったんですよ、言い訳じゃないです。

でも・・・走るのだけはイヤ。どうしてもイヤ。だってしんどいじゃないか。学生の頃、キライだった体育の授業の中でさらに大っ嫌いだったのがマラソンだった。思い出すだけでもおぞましい、あの体感。

 

******************

なのに、今は毎日スロージョギングが30分できてる。

しかも、そこまで辛いという感情は沸かない。日々変動はあるが、走るのが気持ちいいとさえ思っている自分がいるのだ。う〜ん、一体私に何が起こったのだろう?

ちょっと書きながら考察してみようと思う。

【きっかけ】恐怖。私の毛細血管、ゴースト化してないかい?

若い頃から、もともと血流が悪いのは自覚していました。

肩こり、冷え性だし、体重の割に体脂肪が多く筋肉量が少ないのでなんとなしなければ、と思っていました。

11月も半ばになれば、そろそろ手足の冷えが気になってきて、冷え性対策を立てるためネット検索していると、『毛細血管、ゴースト化』というキーワードに当たりました。

簡単に説明すると、毛細血管は使わないとどんどん小さくなり退化してしまう。血液が体に行き渡らないと酸素や栄養が運ばれず、老廃物も処理されないので老化の原因はもとより、重大な病気の誘発にもなる。ゴースト化しやすい人の傾向は、運動不足、肥満、食べ過ぎ。大きな血管のまわりには筋肉があるが毛細血管周辺には筋肉はないため、近い部位の筋肉が発達していなければ先端まで血液を送るポンプとしての役割を果たさない、とのこと。

これを見たとき

『あ、私の毛細血管、絶対ゴースト化してるわ』

という決して有難くない自信と同時に、『今から運動習慣を身に付けないとマジでヤバいことになるな』という脅迫に似た強い確信をしたのでした。けいこ、44歳。晩秋のある日。

血流を良くしたい=筋トレと有酸素運動、そしてヨガ

私のトレーニングの流れは、まず軽く朝ヨガ(ストレッチ)をして筋トレ(スクワット、腕立て伏せ、腹筋、かかとの上げ下げ)をした後、スロージョギングを30分ほど行います。

帰ってきてシャワーを浴びても1時間ほどで完了します。

まずは続けることが目標だったので、絶対に無理はしない、と心に誓いました。筋トレは5〜10分以内で終了します。辛いことは続きませんので、スロージョギングもしんどいと思えば途中で歩き、また走る、という具合でスタートしました。

今は完走してますが、最初の2日間くらいは歩いていても全身が痒くなるくらい酷かったです。今までの運動不足のせいだと思います。急に血液が巡りだしたので体がびっくりしたのか、もう痒いのなんのって。

でも、おかげで『ああ、血が巡ってるわ〜』という妙な恍惚感を感じましたね(笑)

ついでに、『ゴーストよ、生き返れぇ〜』と心で唱えて痒みを紛らわせましたw

ダイエット効果はもちろん期待していますが、基礎代謝が上がれば自然に痩せるだろうと考え、暴飲暴食は控えるものの、筋肉を作るためのタンパク質を多く摂ることにしています。ところで、プロテインって飲んだほうがいいのかな〜?

ちなみに、雨の日や、日中運動ができない日は、スロージョギングの代わりに室内でできる、踏み台昇降運動をしています。

踏み台昇降運動は、アマゾンのプライムビデオでアニメを鑑賞しながらやるのが気に入ってます。30分ほどなのでちょうど具合もよろしい。おすすめです。

でも、今までまったく運動してない場合、30分は長すぎます。10〜15分で切り上げたほうが無難です。あと、ふくらはぎがパンパンになるので、運動後はマッサージするのを忘れずにしてください。

あんなに走ることが嫌いな私がなぜ1ヶ月続けられたのか?

まず、先にも書きましたが『絶対無理しない』と心に決めました。

実はスロージョギングも『いつかは完走しよう』などとはまったく考えていませんでした。ウォーキングついでに調子が良ければときどき走ろっかな、ぐらいの軽い気持ちです。あんなに走るのが嫌いだった私が、まさか完走できるとは夢にも思ってませんでしたし。

それがどっこい、ゆっくり走ればそんなに辛くない。天気のいい日に川沿いを走るとなんか気分が良い。それに終わった後の爽快感が堪らなく、いい。。。あれ?私、オタクだったはずなのに。コレは何かの間違いでは?

不思議です。ほんと、なんでもやってみないとわからないものですね。私は自分で勝手に『私は走れない』『走るのが嫌い』と決めつけていただけだったのかもしれません。

雨の日対策の踏み台昇降運動も、外に出たくない日があったらいつでもこっちに切り替えようと思っていて、保険みたいな存在だったんですが、実際やってみるとスロージョギングほどの爽快感は得られないのだ、ということがわかりました。物足りないのです。

3ヶ月継続に向けて今思うこと

だいぶん習慣化はできてきたものの、まだほんのちょっぴり力が入ってるなーと感じています。

次の目標は、この運動習慣を呼吸をするのと同じくらい、自然なものにしていきたいです。

体の変化も少しづつ感じていて、ちょっと引き締まってきたし、疲れにくくなった。寝付きも良く、朝もスッと起きられるようになった。

こういう結果が見えると嬉しいと思うし、素直に喜んでますが、私は『これがあたりまえのレベル』まで落とし込みたいと考えてます。

そう、健康であたりまえ。そういう状態が私の望む未来です。