プロから学ぶ窓掃除のしかた。洗剤なし水だけでピカピカに。




年末です。今年も大掃除の時期がやってきました。

毎年、腰を上げるまで少々時間はかかるものの、やりだすと結構楽しいのが窓の掃除です。

昨日は雨上がりでわりと暖かな日でしたので、絶好の窓掃除日和ということで着手。ホコリまみれの窓がピカピカになる様は、大掃除やったぞー!という達成感この上ないです。

ただ、闇雲になんの知識も計画性もなく始めると、クタクタになった割にはあんまりキレイになってないという事態になりかねません。

そこで、元・清掃会社勤務(事務)のこの私が、プロ達の窓掃除技術を応用し、ラクにキレイになる方法を伝授しましょう。(ドヤ顔)

プロの道具と作業工程はめちゃシンプル

基本的に、窓掃除のプロ達の道具は、水をガラスに塗るための白いモサモサのやつ(正式名称がわかりません。私たちは『ウサギ』と呼んでいました)と、水を切るためのスクイジー、そしてウエスです。

ウサギはコレ↓

わざわざ紹介しなくてもお分かりでしょうが、ついでにスクイジーも載せときます。

これに、ウサギを水に浸すためのバケツと、ウサギとスクイジーをセットできる腰ベルトを使います。腰ベルトはあれば便利ですが、家庭では必要ないでしょう。

そして、よっぽど汚れがひどくないかぎりは、洗剤は使用せず水のみで洗浄するのです。ちなみに、窓は『洗う』という表現をします。

水をたっぷり含ませたウサギでガラス面を撫でるようにしてベタベタに濡らし、スクイジーで水をサッと切り、枠に残った水滴のみウエスで拭いて、終わり。

そう、窓は『拭く』のではなく、『洗う』ものなのです。

さっきまでドロドロだった窓が、スクイジーでサーッとひと撫でするとピッカピカになるのが魔法のようで面白く、よく眺めていました。

ウサギの正体

さて、洗剤を使わなくても水だけできれいになるのは、このウサギちゃんのお陰です。

ウサギちゃんの繊維はとても細かいので、効率よく汚れを絡め取ってくれるんです。

しかし、年に1度しか窓掃除をしないズボラーな身としては、ウサギちゃんのお値段はけっして可愛くない。(名前は可愛いんだけどねぇ。)

何か代わりになるものはないか?ということで、ウサギの正体を暴くべくテラモト社の仕様を見てみると『糸:吸水アクリル』とあります。

な〜るほど。アクリル糸だから水だけで落ちるのね。

ってことは、アクリルたわしで代用できそうです。

アクリルたわしは万能選手

アクリルたわしといえば、食器洗いを思い浮かべる方も多いと思います。もちろん私も愛用しています。

でも、アクリルたわしは食器洗い以外にも、風呂掃除や洗面台の掃除になど広範囲に使えるスグレモノ。

私は、100均で買ったアクリル毛糸を自分で編んで食器洗いに使ってます。

けっして編み物が得意というわけではないですが、やってみるとなかなか楽しいですよ。形がいびつになっても自分で使うものなので気になりませんし、たわし程度ならすぐ編めちゃいます。

完成品を買ってもいいですが、作るのが好きなら遊びと思ってやってみても面白いんじゃないでしょうか。

アクリルたわしは、例えて言うとマイクロファイバークロスのようなもの。

なので、編むのが面倒で近所にアクリルたわしが売ってないなら、マイクロクロスでもいいと思います。

 

窓掃除をスムーズに終えるための準備と手順

では、掃除の手順です。

<準備するもの>

・アクリルたわし、もしくはマイクロクロス

・スクイジー

・雑巾

・バケツ(水、でも寒いからお湯にしよう)

・室内の床に敷くタオル(水浸しを防ぐため)

<手順>

  1. カーテンを外してカーテンレールを雑巾で拭く。カーテンは洗濯へ。
  2. まず窓を閉めて外側から。アクリルたわしをベタベタに濡らして絞らずに網戸をこする。
  3. 何度か繰り返し、汚れが取れたら雑巾で拭き取る。
  4. 窓も同じ要領で、濡らしたアクリルたわしでこすりながらベタベタの状態にする。枠も忘れずにゴシゴシ。
  5. スクイジーで窓の水を切り、枠の部分を雑巾で拭く。
  6. 内側は床にタオルを敷いてから、同じ要領で。
  7. 最後にサッシ部分も濡らしたアクリルたわしでゴシゴシこすり、雑巾で拭き上げる。

スクイジーの動かし方

スクイジーは力加減に多少コツがいって、均等に圧がかからないと筋が残ったりしますが、やってくうちになんとなくつかめてくると思います。

同じ場所に何度もスクイジーを当てるのではなく、一発で一気にシャッと動かしてください。うまくいくと気持ちいいですよ。

そして大事なのは、一度水を切ったらその都度スクイジーを雑巾で拭くことです。

わかりやすい動画があったので貼っておきます。

動画ではウサギちゃんでスクイジーを拭いていますが、ウサギの代わりに雑巾を握りしめておこう。

最後に

いかがだったでしょうか。

年末の大掃除、少しでもお役に立てればうれしいです。